One Roomでゆるっと

主に競馬やパチスロなど好きなことについて書きます。アニメ、ゲームなども

中京スポーツ杯 2019 ~どこよりも早いかもしれない競馬予想~

日曜日、やられました。

いやー競馬って難しいですね。

軸に据えていたサンライズノヴァが倒れ、入れるか迷った末に外したティーハーフが3着…と後悔の残る投票となりました。

ラブカンプ―がこないということは当たっていたのですが…もう一歩でしたね。

まあ当てたければ全部に投票すればいいわけで、競馬はいかに選択肢を消すことができるかが肝なのかなと考えています。

とりあえず引きずってても仕方ないので今週に目を向けたいと思います。

 

今週も注目のレースは色々ありますが、まずは中京スポーツ杯の気になる馬についてピックアップしたので記事にします。

 

中京スポーツ杯(中京芝1600m)

コースに関して、緩やかな上り坂から下り坂へ、最後の直線は高低差2mの坂が待ち受けているというコースです。しかしながら、前後半のラップ差は少ないため、持続力が求められるコースでしょう。

 

ロフティーフレーズ

まず個人的に気になったのがこの馬。

中京芝1600mで勝利した実績があり、コース自体は難なく走れると思います。

また、通算成績が(2  1  1  6)なのですが、そのうち1600mの成績が(2  1  0  1)と好成績を収めています。

もちろん調子や枠順など次第ではありますが、現時点での注目馬としても良いかと思います。

 

シュバルツボンバー

前走500万下で勝利している馬。勢いはありそうです。

こちらも中京芝1600mで勝利した実績があり、通算成績(2  0  0  3)のうち1600mの成績が(2  0  0  1)と、1600mを得意としているようです。

上記の2頭は人気も薄そうなので、穴馬の候補に入れるのが良いのではないでしょうか。

 

トライン

こちらは上位人気が予想される馬です。

前走が今回のコースである中京芝1600mであり、500万下ではありますが勝利を収めています。

軸馬の候補の一頭でしょう。

 

今週はこの3頭の動向を注視していこうと思います。

上の2頭が激走してウマい馬券になるといいなぁ…。