One Roomでゆるっと

主に競馬やパチスロなど好きなことについて書きます。アニメ、ゲームなども

今週のWIN5予想!(京都記念・北山S・共同通信杯・バレンタインS・関門橋S)

今週からですが、WIN5にも挑戦してみることにしました。

 

対象レースは京都記念、北山ステークス、共同通信杯、バレンタインステークス、関門橋ステークスの5レースです。

 

それぞれのレースの1着を当てるということで、かなりの難易度ですが、細々と予想していけたらと思います。

 

それでは予想に入ります。

 

京都記念:ステイフーリッシュ

北山S:レッドウィズダム

共同通信杯:クラージュゲリエorアドマイヤマーズ

バレンタインS:バイラorエレクトロポップ

関門橋S:レノヴァールorシャルルマーニュ

 

候補が多くなるとその分投資がかさむので、なるべく減らしました。

正直全レース1頭に絞りたいところですが、まだ枠すら発表されていない状態ですので、とりあえずはこれで。

あとは各馬の調子や枠などで1頭に絞りたいと思います。

 

今週も頑張っていきましょう!

 

東京新聞杯2019 予想!

今週のレースの中でも特に注目のレースである東京新聞杯を予想していきます。

前評判ではタワーオブロンドンを推す声が多いですが、果たしてどうなんでしょうか。

データを元に本命馬を見極めていこうと思います。

 

東京新聞杯(G3 芝1600m 左)

 

・年齢

4歳馬がやや優勢ではありますが、4〜6歳馬であればどの年齢でもチャンスはありそうです。

しかしながら、7歳馬以上となると、連対率が3%と急激に下がるため注意が必要です。

※7歳上該当馬:レアリスタヤングマンパワー、ゴールドサーベラス

 

・脚質

逃げの連対率が30%と他の脚質の倍以上となっています。

先行、差しは14%、追い込みは8%とやや苦戦気味です。

※逃げ該当馬:ショウナンアンセム

 

・人気

個人的には人気は水物だと思っているのでそこまで信用していないのですが、過去10年で1番人気が勝利した例がなく、馬券絡みも2010年、2015年、2017年の3回のみとなっています。

1番人気が順当に勝てるわけではないレースと言えるでしょう。

 

・騎手

直近2年連続で馬券に絡んでいる武豊騎手は要チェックです。

また、過去10年で4回馬券に絡んでいる岩田康騎手や、3回の横山典騎手、直近5年で2回馬券に絡んでいる柴山雄騎手などもオッズ次第では狙い目となるかもしれません。

※該当馬:ジャンダルム(武豊)、ロジクライ(横山典)、サトノアレス(柴山雄)

 

・前走

前走芝1600mが圧倒!

前走クラスはG1が連対率22%と安定か。

前走1600万下も2勝しており連対率22%と侮れないですね。

※前走G1:ロジクライ、ジャンダルム

※前走1600万下:インディチャンプ

前走芝1600m以外:サトノアレス、テトラドラグマ、ヤングマンパワー、レアリスタ、レイエンダ

 

他にも良いデータがあれば教えてほしいぐらいですが、個人的にはこの辺りのデータが目につきました。その上での予想が下記の通りです。

 

◎インディチャンプ

ロジクライ

▲タワーオブロンドン

△ジャンダルム

△サトノアレス

 

個人的にはタワーオブロンドンを推すのは怖いなぁという印象です。

勢いなどでインディチャンプに◎を付けましたが、個人的注目馬はロジクライです。

馬券には絡めるのではないでしょうか。

その他追加情報があれば適宜更新します。

中京スポーツ杯 2019 ~どこよりも早いかもしれない競馬予想~

日曜日、やられました。

いやー競馬って難しいですね。

軸に据えていたサンライズノヴァが倒れ、入れるか迷った末に外したティーハーフが3着…と後悔の残る投票となりました。

ラブカンプ―がこないということは当たっていたのですが…もう一歩でしたね。

まあ当てたければ全部に投票すればいいわけで、競馬はいかに選択肢を消すことができるかが肝なのかなと考えています。

とりあえず引きずってても仕方ないので今週に目を向けたいと思います。

 

今週も注目のレースは色々ありますが、まずは中京スポーツ杯の気になる馬についてピックアップしたので記事にします。

 

中京スポーツ杯(中京芝1600m)

コースに関して、緩やかな上り坂から下り坂へ、最後の直線は高低差2mの坂が待ち受けているというコースです。しかしながら、前後半のラップ差は少ないため、持続力が求められるコースでしょう。

 

ロフティーフレーズ

まず個人的に気になったのがこの馬。

中京芝1600mで勝利した実績があり、コース自体は難なく走れると思います。

また、通算成績が(2  1  1  6)なのですが、そのうち1600mの成績が(2  1  0  1)と好成績を収めています。

もちろん調子や枠順など次第ではありますが、現時点での注目馬としても良いかと思います。

 

シュバルツボンバー

前走500万下で勝利している馬。勢いはありそうです。

こちらも中京芝1600mで勝利した実績があり、通算成績(2  0  0  3)のうち1600mの成績が(2  0  0  1)と、1600mを得意としているようです。

上記の2頭は人気も薄そうなので、穴馬の候補に入れるのが良いのではないでしょうか。

 

トライン

こちらは上位人気が予想される馬です。

前走が今回のコースである中京芝1600mであり、500万下ではありますが勝利を収めています。

軸馬の候補の一頭でしょう。

 

今週はこの3頭の動向を注視していこうと思います。

上の2頭が激走してウマい馬券になるといいなぁ…。

 

シルクロードステークス2019 予想!

愛知杯、皆さんはどのような結果でしたでしょうか。

私は1着のワンブレスアウェイを読めず、悔しい結果となりました…。

個人的注目馬のウラヌスチャームの4着だったようで、まだまだ予想力が足りないなとなりました。

 

さて、そんな私の予想が果たして明日こそは的中するのか?といったところで、懲りもせずシルクロードSの予想をさせていただきます。

信じるもよし、外すと信じて別の馬を狙うもよし!(弱気)

 

◎2ダノンスマッシュ

〇1ナインテイルズ

▲16アンヴァル

△14セイウンコウセイ

△5ビップライブリー

☆3フミノムーン

 

シルクロードS予想のポイント】

・内枠有利(1~4枠)

・5,6歳馬強し

・逃げ/先行馬有利

 

予想に挙げた中で特に気になる馬は下記の通りです。

 

◎2ダノンスマッシュ

さすがに間違いないはず!と信じたい1頭です。

展開を問わず差せる馬で、京都コースを得意としています。

また仕上がりもかなり良いようで、掲示板は間違いないと思われます。

 

〇1ナインテイルズ

▲16アンヴァル

△14セイウンコウセイ

上記の3頭は調教が素晴らしいです。

その中でもナインテイルズは有利とされる内枠配置なのでこういった予想になりました。

 

△5ビップライブリー

前走が淀短距離Sで5着であり、期待しても良いのかなと思い挙げました。

 

シルクロードS、かなり難しいです。

有力馬が外枠に配置されていて、枠の有利不利を跳ねのけて馬券に絡んでくるか、それとも内枠に配置されたダークホースがちゃっかり馬券に絡むのか…どちらを取るかが勝負の分かれ目かと思います。

ちなみに有力馬の1頭であるラブカンプーですが、イマイチ調子の良さが伝わってこず、調教師のコメントも控え目、かつオッズは低くなりそうとあまり旨味のない馬券になりそうなので外しました。本番で力を発揮するタイプなのでしょうか…。

 

というわけで予想は以上です。

明日こそ勝ちましょう!

勝利の美酒を夢見て…。

根岸ステークス2019 予想!

週末競馬の日が近づいてきましたね!

ということで予想第一弾として、

根岸ステークス(東京ダート1400m)

の予想をしてみたいと思います。

 

まず初めに、このレースのポイントを箇条書きでまとめます。

・差し、追い込み馬有利

・前走からの距離短縮は好成績になる傾向

・東京(左回り)コースを得意としているか

・7歳以上馬の激走に注意

・8枠はやや苦戦、割引か

関西馬強し

・体重500キロ超、前走体重±3kg以内

 

上記を踏まえての予想が下記の通りです。

 

軸:12 サンライズノヴァ

個人的にはダントツで有力馬と考えています。

前走がG1で、かつ距離短縮しています。

また、屈指の東京巧者であり、馬券内率は驚異の80%超え。

1400mという距離も、10月に制しており問題ないでしょう。

一つ気になることといえば、前走が1秒以上の差で負けていることですが、G1なのでこちらもそこまで問題ないかと思われます。

予想の軸に据える馬ならこれで決まりでしょう。

 

本線:11 コパノキッキング・6 モーニン

モーニンは昨日の記事で紹介した通りなので割愛。

コパノキッキングは、現在3連勝中で勢いがあります。

また、元々は先行馬だったそうですが、ここ最近のレースで差しに変えたところ、

これがうまくハマって好走を続けています。

懸念事項としては、前走が1200mと距離延長となることや、負けは1400mのみであることが挙げられます。

1400mという距離を克服できるかがこの馬の鍵になるでしょう。

 

おさえ:2 ユラノト、1 クインズサターン、13 メイショウウタゲ

まずユラノトですが、8戦連続で掲示板と好走を続けている点が魅力です。

今回も上位争いを演じてくれるのではないでしょうか。

ルメール騎手が騎乗するというのも気になりますね。

 

次にクインズサターンですが、東京コースと相性が良いです。

また、差し馬としての脚は十分あり、差し切れる傾向のこのレースだと面白い存在になるかと思います。

気になる点は、1400mが初挑戦ということでしょうか。

 

最後にメイショウウタゲですが、8歳馬なので高齢馬の激走があるとすればこの馬ではないかと思います。

9月に1400mのレースも制しているので距離は問題ないでしょう。

 

このほかにも、芝でG1制覇を果たしながらもダートに転向、その初戦となるケイアイノーテックも面白い存在です(未知数な部分が大きいので怖さもありますが)

血統通りにダートでも活躍するということになると、これからが楽しみな馬になりますね。

 

以上、現時点での根岸ステークス予想でした!

 

根岸ステークス2019 注目馬 モーニン!

続けての更新です。

 

今週日曜開催の根岸ステークス(G III)の注目馬についても触れておきます。

 

注目馬はズバリ、モーニン!

 

G Iを制した経験もあるハイレベルな馬です。

ただ、今回のレースでは人気が集中することがなさそうなので、狙い目かと思います。

長い直線を生かし、差し切ることができれば勝利できるでしょう。

東京1400mはベストな舞台ですし、外枠なら本命に据えるのも面白いかと。

ダートの1400〜1600ならまだまだやれる馬だということをこのレースで証明してほしいですね。

愛知杯2019 注目馬 ウラヌスチャーム!

久しぶりの更新となりました。

 

更新がない間何をやっていたかと言いますと…

 

競馬、はじめました。

 

というわけで、せっかくなのでレース予想をブログに書いてみようと思った次第です。

 

まだまだ勉強中の身ではありますが、ビギナーズラックを信じてやっていこうと思います。

 

それでは、今週末に開催予定の愛知杯の注目馬についてです。

 

ウラヌスチャーム

 

個人的に気になる馬です。

最後の直線が長いコースで力を発揮するようですね。

愛知杯のコースと相性が良さそうです。

血統はミスプロ系で、こちらも過去の勝ち馬の傾向通りです。

前走は1番人気で条件戦を制しましたので、実力もあると見ています。

調教師のコメントを信じるのであれば、上り調子でコンディションも整っているかと。

本線には加えておきたい馬ですね。

要注目です。

最終追い切り◎

 

時間があればちゃんとした予想記事をアップしますので、気長にお待ちください。

 

パチンコ・パチスロをやってはいけない人の特徴

f:id:re_nsemble:20181009212049j:plain

お久しぶりです。

パチスロで死ぬほど負けて冷静になったので、自分への戒めも込めて「パチンコ・パチスロをやってはいけない人の特徴」を書いてみます。

ここに書く特徴を持つ人はパチンコ・パチスロをやらない方がいいと思います。

続きを読む

【おすすめ曲紹介】旅立つ彼女と古い背表紙 - 花澤香菜

f:id:re_nsemble:20180918231919j:plain

『今日の1曲』

個人的に好きな曲を淡々と紹介していくだけの企画。

今日はこの曲です。

続きを読む

【おすすめ曲紹介】ラブ♡ローラーコースター - 戸松遥

f:id:re_nsemble:20180915013350j:plain

『今日の1曲』

個人的に好きな曲を淡々と紹介していくだけの企画。

今日はこの曲です。

続きを読む

【おすすめ曲紹介】Salvage - Team.ねこかん[猫]featuring.片霧烈火

f:id:re_nsemble:20180913225745j:plain

『今日の1曲』

個人的に好きな曲を淡々と紹介していくだけの企画。

今日はこの曲です。

続きを読む

「パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」新機種発表会が開催

f:id:re_nsemble:20180912194208p:image

北電子の新機種となる『パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』、その発表会が行われました。

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は、シリーズ累計発行部数900万部を突破した大森藤ノ氏著の大人気ライトノベルシリーズ。

f:id:re_nsemble:20180912194402j:image

TVアニメの名場面が忠実に再現されており、「ダンまち」ファンなら必ず熱くなれる機種となっているようです。

スペックなどの情報公開はありませんでした。

12月から導入される予定です。

導入直前にファン向けの先行試打会を実施する予定らしいので、原作・パチスロファンは要チェックですね。

個人的には、プレミア演出でGO GOランプ登場などあるのか気になるところです。

 

ダンまち」メインキャラクター&声優

(この機種に登場するかは不明)

ベル・クラネル(CV:松岡禎丞
ヘスティア(CV:水瀬いのり
アイズ・ヴァレンシュタイン(CV:大西沙織
リリルカ・アーデ(CV:内田真札)
エイナ・チュール(CV:戸松遥
シル・フローヴァ(CV:石上静香
フレイヤ(CV:日笠陽子
ロキ(CV:久保ユリカ
ベート・ローガ(CV:岡本信彦
リュー・リオン(CV:早見沙織
ヴェルフ・クロッゾ(CV:細谷佳正
ヘルメス(CV:斉藤壮馬
アスフィ・アル・アンドロメダ(CV:茅野愛衣
カシマ・桜花(おうか)(CV:興津和幸
ヤマト・命(みこと)(CV:赤﨑千夏)
ヒタチ・千草(ちぐさ)(CV:井口裕香

 

パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
特設サイト:https://kitac-danmachi.jp/

【悠木碧】パチンコ・パチスロ出演台まとめ~悠木碧編

f:id:re_nsemble:20180911222424j:plain

パチンコ・パチスロにキャラクターが使われている物が多くなり、その声優さんも気になる方がいらっしゃると思います。

今回はそんな声優さんたちにスポットを当ててみました。

「実はあの台のあのキャラとこの台のこのキャラが同じ声だった」といった発見があるかもしれませんね。

一発目はまどマギシリーズの鹿目まどか役でお馴染みの悠木碧についてまとめます。

続きを読む

【沖ドキ】超ドキドキモード確定演出まとめ【パチスロ】

f:id:re_nsemble:20180909152538j:plain

入れば文字通り超ドキドキしてしまう「超ドキドキモード」ですが、なかなか入らないですよね。

ただのドキドキモードでも、超ドキドキのランプが光ることがあり、初心者がよく間違えるポイントです。

それでは、どんな演出が出れば「超ドキドキモード」滞在が確定するのでしょうか。

続きを読む