One Roomでゆるっと

主にパチスロやアニメ・ゲームなど好きなことについて書きます

パチンコ・パチスロをやってはいけない人の特徴

f:id:re_nsemble:20181009212049j:plain

お久しぶりです。

パチスロで死ぬほど負けて冷静になったので、自分への戒めも込めて「パチンコ・パチスロをやってはいけない人の特徴」を書いてみます。

ここに書く特徴を持つ人はパチンコ・パチスロをやらない方がいいと思います。

f:id:re_nsemble:20181009212030j:plain

負けず嫌いな人・プライドが高い人

「負けず嫌い」は一見長所に見えますが、ことパチンコ・パチスロにおいては一転短所に変わります。

例えば、パチンコ屋に朝から並んで抽選でいい番号を引いたとしましょう。

そして狙い台を確保して打っていくも、いまいち挙動が良くなく、あえなく2万円飲まれたとしましょう。

この日の予算は2万円…しかしATMに行けばお金はあります。

そんなときあなたならどうしますか?

吸い込まれた2万円を取り戻そうと躍起になったりしませんか?

しない人は大丈夫です。

ATMに行き、予算以上のお金を費やして負けを取り戻そうとする人は要注意です。

そして、こうした思考は「負けず嫌いな人」に多く見られます。

そうして負けを取り戻そうとして打って取り戻したことはどれほどあるでしょうか。

冷静になってみるべきです。

 

いくらつぎ込んだか把握できない人

いくらつぎ込んだかわからず打っている人は、「浮いたらやめる」ことが難しくなり、結果的に追いすぎで負けてしまいます。

きっちり自分の投資額を把握し、出玉と比較して止めどきを見極めましょう。

 

プラス思考な人

プラス思考も長所として扱われることが多いですが、パチンコ・パチスロにおいては短所になります。

「この台は出るかもしれない」

「フリーズが引ける気がする」

そんな楽観的な考えを持つとやられます。

石橋を叩いて渡るという言葉がありますが、叩きすぎるぐらいでちょうどいいのです。

マイナス思考で臨めば勝率も上がるでしょう。

出そうにない台に座らないことが勝つ秘訣ですから。

「この台の合算が良いのは今だけ、ここから沈んでいく」

「ここまで調子よかったけどこれ以上打っても出そうにないな」

見極めを手助けしてくれるのはマイナス思考です。

 

一つの物事に熱中してしまう人

一つのことに熱中してしまう人は、言い換えれば依存しやすい人ということになります。

ギャンブル依存症という言葉がありますが、熱中して抜け出せなくなってしまっている状態なので、熱中しやすい人は危険です。

また、そういう人は打たないと気が済まないので、自分の打ちたい台や自分が良いと思い込んだ台に食いついてしまいます。

冷静な判断ができないのに勝てるわけがありません。

「打たない」という選択肢もきっちり持てるようにすべきです。

 

最後に…

上記の特徴はほぼ私自身の特徴です。

当てはまる部分が多い人は、パチンコ・パチスロに手を出すのは危険だと思います。

パチンコ・パチスロにハマってしまって抜け出せなくなってしまった人、自分もそうですがパチンコ・パチスロ以外に楽しいことが見いだせなくなったりします。

ただし、楽しいことは自分の生活を犠牲にしてまでやるものではありません。

パチンコ・パチスロだけが娯楽なら、日本全国の人がパチンコ屋に訪れていると思いませんか?

多くの人はパチンコ・パチスロ以外の趣味を持ち、自分の身の丈にあったお金の使い方をしています。

今一度、視界を広げてみるのはいかがでしょうか。